読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生のタスクリスト

やりたいことはTO DOリストで叶える

自分年表

やりたいこと100個書いたときの、割とウエイトが大きいものをピックアップしてみましょう。



~~に家を建てる、仕事で~を達成する、年収~~を達成する、結婚、出産etc...
夢とか目標などと語れるようなものですね。



これを「年表」に落とし込む作業をします。点を打ちます。いつそれを達成するのか「決める」のです。



「いつか海沿いに大きな家を建てたいなあ」

という、ふわっと描く夢を
自分の年表にピンを打つことで、ぐっとリアリティが増します。

タテ軸は時間、横軸は「貯金額」「仕事」「恋愛」などのジャンルで書いていくと見やすくなります。

             <仕事>       <貯金>        <恋愛>

2017年3月
     6月 副業)収入30万達成 

     7月                  誕生日プロポーズされる

     9月 退職

   10月 事業立ち上げ

   11月       貯金600万円達成

2018年1月            

ポイントは 未来から、ざっくり書くこと。
現在から未来に向かって書くと、内容が細かくなりやすいのです。
細かく書くと「現実的過ぎる計画」になってしまうんです
自分の中の「この程度かな」が出すぎてしまって、大きな目標を達成するにはとても消極的な内容になりやすいのです。

ですから20年後くらいから書く、がおすすめ。
未来は当然、今後変わって生きます。気も変わるでしょう。
それを前提として、あくまで今の理想パターンの未来として書いてみてください。

未来から順に書くのではなく、未来を書いて「そしたらこの時期にこれを達成していたいな」と
いったりきたりしながら書くといいでしょう。
とにかく現在から順にちまちま書かない方がおすすめです。


100個書ききらなくても、こちらはざっくりと完成できるはず。
そして完成した年表をじっくり見つめてください。


そわそわ してきませんか?


そう。

動かねば。

この年表、そんな思いに駆られるような力があります。
100個書いていたときのワクワク感に、エンジンがかかるようなこの感じを味わってみてください。


 

today's task : 年表を書く