人生のタスクリスト

やりたいことはTO DOリストで叶える

目標に対する「第一歩」でとにかく動こう

f:id:dosukoi823:20170503185911j:plain

直近の「理想」を描いた後からが本番。

時間軸が今、自分が立っている場所まで戻ってきたところです。

 

 

odoruyouni.hatenablog.com

 

直近の理想を書いた後にすることは

その理想に近づく、具体的な行動をいくつも書き出す。

どうすればその目標を達成できるのかわからなくても

その目標に近付きそうなアイデアを絞り出してください。

小さなことでOKです。一歩目です。

 

よく例えられる高級車が欲しい、という目標に対しては

・パンフレットをもらう

・試乗する

・試乗した感想を多くの友人に話す

・その車を持っている友達の話を聞く

・その車をPCのデスクトップ背景に設定する

などが挙げられます。

その先はどう繋がってるの?は、とりあえずよしとしてください。

どうやって・・・というのは、我々が考えるべき領域ではないからです。

 

これらの1歩目がどこかに繋がっているんです。

まずは動いてみる。

その1歩目のアイディアは多ければ多いほどいいと思いますし

1つ動いたら、次のひらめきがやって来るもの。

0の状態から、目標達成に向けての気運を「ゆさぶる」イメージです。

 

today's task : 直近の目標に近付きそうな「1歩目」のアイディアを絞り出す

 

 

 

使えるアイテムで効率&テンション↑

日々のこまごまとしたタスク、私は基本ノートを使っています。

箇条書きにして、完了したら打ち消し線を引っ張り。

 

家にいる時ならいいのですが、外に持ち歩く手帳はコンパクトなもので・・・

そこまで箇条書きにできるスペースがありません。。

iPhoneのリマインダーはなんだか好きではないので、

なぜかメモ帳が一番しっくりきています。

 

それがこの程、ちょうどいいものを発見。

f:id:dosukoi823:20170417111835j:image

いろいろ付箋!

TO DOリスト、買うものリスト、スケジュールなどなど・・・

ノートにもなんでもぺたぺた貼れます。

なにより見た目が可愛いですねー。やることある=充実してると思えるビジュアル。

f:id:dosukoi823:20170417111701j:plain

手帳にぺたぺた貼っていますが、卓上カレンダーとかにもいけるし

コルクボードとかに貼って思考、行動整理するのもアリかなと。

 

ルミネのTOOLSさんで購入しました↓

https://www.tools-shop.jp/shop/shinjuku/

 

 

today's task : タスクに使えるアイテムで効率&テンション↑

 

 

 

あなたの夢も理想も「タスクリスト」でしかない。

なぜ「タスクリスト」なのか?

について、ちょっと振り返りたいと思います。

 

私はもともと「引き寄せの法則」に関するブログを書いていました。

minamiyuki.hatenablog.com

引き寄せの法則」は私の生き方の軸になるような、大切な要素です。

この素晴らしさを伝えていかなければ!という思い一つで色々な記事を書いてきました。

 

しかしやはりその人の「心」「考え方」が関わってくるものなので、

「私にはできない・・・」「引き寄せなんてないのかも・・・・・」

という声が聞こえて来ることも。

心や考え方となると、本人がどれだけ変われるか・・・という所がかなり大事。

そうなると、人を選んでしまう。再現性に乏しくなるのですね。

 

・・・というのは、まあ、表向きな理由でして・・・

 

本音は

「自分の幸せに責任を持てないお前らなんかのせいで

 引き寄せを台無しにされてたまるか」

ですw

「私にはできない・・・」「引き寄せられない・・・」

うるせーよバカ!!!

頼むから自分の幸せについて自立できないでいるあんたなんかのせいで勝手に引き寄せ否定しないでくれないかな?

むしろ引き寄せ知らなかったことにしてくれない?

ほんで一生不幸やってろバーカ!!!!!!!!!!

ぐらいに、イラッッッッッッとしたのが本音ですw

(↑これ見てウジウジしてた自分にハッとして欲しい)

 

でも、これに陥っている人の多くが願望に執着している状態だということがわかったんです。

引き寄せに執着心は最大の邪魔者・・・と言っても過言ではないのではないのでしょうか。

夢を夢にしすぎ。どんどん叶わない、自分の上の上の上に置いちゃっている。

 

引き寄せにはもちろんワクワクも大事です。

スピスピすることも必要だったりします。

でもそれによって上手くいかないくらいだったら、夢を夢にするのやめましょう?

夢を見るだけで幸せな人はいいとして。

 

夢を”単なるタスク”としてサクサクこなす

このぐらいライトな気持ちで、人生変えてみない?

夢をただのタスクにするなんて、そんなの夢がなくて楽しめないーって思うかもしれません。

でも夢だけで生きてる人って現状に満足してないでしょ。

今に対しての欠乏感でいっぱいでしょ。

だったらタスクぐらいがちょうどいい。

そんな風にラフに過ごしているうちに、今あることのありがたさって自然と感じられてくるもの。

その状態って引き寄せ的には理想的な状態なんですよね。

 

そんな気持ちを持ってして、このブログをスタートさせました。

夢も理想もタスクリストでしかない。

こなして、こなして、次のタスクに行きましょう。

 

today's task : 夢は「タスク」の一つにしか過ぎないことを知る

 

 

 

”直近の理想”を描く

自分年表は大きな時間の流れの中での、自分の理想を描きました。

 

odoruyouni.hatenablog.com

 

今日は”直近の理想”を描くおはなし。

自分年表をみたときに、一番近い未来のわりと大きな目標に注目です。

まずはこれが叶ったら最高!という目標を明確にします。

 f:id:dosukoi823:20170413080657j:image

例としてはこんな感じ。

決して低すぎるわけでもなく、遠すぎるわけでもない目標です。

通過点として意識しつつも、しっかりと狙いを定めます。

例にあげたくらいシンプルなものだと◎。

目安としては頑張れば3ヶ月〜半年くらいにいけそうなもの。

1年以内に達成できそうなもの。

 

この短期目標にピンを刺して、具体的な行動に移していきましょう。

次回は実際の行動についてのタスクをご紹介します!

  

 

today's task : 直近の理想を明確にする

 

 

自分年表

やりたいこと100個書いたときの、割とウエイトが大きいものをピックアップしてみましょう。



~~に家を建てる、仕事で~を達成する、年収~~を達成する、結婚、出産etc...
夢とか目標などと語れるようなものですね。



これを「年表」に落とし込む作業をします。点を打ちます。いつそれを達成するのか「決める」のです。



「いつか海沿いに大きな家を建てたいなあ」

という、ふわっと描く夢を
自分の年表にピンを打つことで、ぐっとリアリティが増します。

タテ軸は時間、横軸は「貯金額」「仕事」「恋愛」などのジャンルで書いていくと見やすくなります。

             <仕事>       <貯金>        <恋愛>

2017年3月
     6月 副業)収入30万達成 

     7月                  誕生日プロポーズされる

     9月 退職

   10月 事業立ち上げ

   11月       貯金600万円達成

2018年1月            

ポイントは 未来から、ざっくり書くこと。
現在から未来に向かって書くと、内容が細かくなりやすいのです。
細かく書くと「現実的過ぎる計画」になってしまうんです
自分の中の「この程度かな」が出すぎてしまって、大きな目標を達成するにはとても消極的な内容になりやすいのです。

ですから20年後くらいから書く、がおすすめ。
未来は当然、今後変わって生きます。気も変わるでしょう。
それを前提として、あくまで今の理想パターンの未来として書いてみてください。

未来から順に書くのではなく、未来を書いて「そしたらこの時期にこれを達成していたいな」と
いったりきたりしながら書くといいでしょう。
とにかく現在から順にちまちま書かない方がおすすめです。


100個書ききらなくても、こちらはざっくりと完成できるはず。
そして完成した年表をじっくり見つめてください。


そわそわ してきませんか?


そう。

動かねば。

この年表、そんな思いに駆られるような力があります。
100個書いていたときのワクワク感に、エンジンがかかるようなこの感じを味わってみてください。


 

today's task : 年表を書く

 

この人生でやりたいこと、100個

はじめにやることのお話です。

 

 

 

スタートラインに立つ前にやること。

それは「この人生でやりたいこと100個」を書くこと。

 

まず何も考えず、とにかく書いてみてください。

(まず書ききれません。笑)

(ワタクシは75で止まってます)

 

 

小さなことから大きなことまで、何でもいいんです。

 

・オーロラを見る

・地元にこだわりの家を建てる

・◯◯さんと一緒に仕事をする

・ハワイで結婚式を挙げる

・年収2000万円以上を達成する

・バケツプリンを食べる

 

ね。

な〜んでも。

 

やりたい。

やりたい、って

自分の心が喜ぶこと、です。

 

 

100書くことで

自分が何をすれば楽しい人なのかが見えてきます。

言っちゃうと「自分の使命」がわかってくる。

 

 

ここを軸に、今日からの日々がスタートします。

 

 

today's task : 人生でやりたいこと100個書く

TO DOリストで夢を叶える、スタート。

あたらしくスタートしました。

現役でアナウンサーをしているminamiと申します。

 

とはいえ、私は「こいつがアナウンサーなんて絶対無理だろ!」と思われてきたような人間です。

アナウンサーになろうと志したタイミングも、周りよりだいぶ遅れがありましたし

抜きん出た強みがあるわけでもない。

自分でも、目指していることが「遥か彼方」であるように感じていました。

しかし結果的に、やりたいと思ったことはちゃんと叶いました。

 

それはわたしの中にある「引き寄せの法則」をベースにした生き方・考え方が、かなり大いに役立ったと思っています。

それがきっかけで引き寄せの法則に関連するブログを書き、ありがたいことにとても多くの方に見ていただきました。

しかしここで大きな壁に当たります。

この「引き寄せの法則」をベースにした生き方・考え方を発信したとして

非常に再現性が低いのです。

考え方を自分でムムムムムッと変えるのって、難しい。

一生懸命、自分でなんとかしようとするのってとても難しいのです。

 

その考え方がスッと入って来るような行動、ツールがあるといいなと思ったんです。

そこで自分自身を振り返った時に、他人の倍以上あることをしていたのに気がつきました。

それは「TO DO リスト」です。

 

普段から何をするにもTO DOリストを作るわたしです。

基本的にナマケモノなんですよ!

「歯を磨く」「着替える」「水を飲む」←!

これすら書かないと動かないくらいダラけた人間なんです。

頭でやらなきゃいけないことはモワ〜っと浮かんでいるんだけど、やらなきゃというスイッチが入らない。

だからやることは本当に細かくのです。

いまもまさに「ブログ書く」というリストを書いた結果、キーボードを叩いているわけですが。笑

 

アナウンサー試験を受けている途中、わたしはこんなことをよく口にしていました。

「夢に向かう途中って、夢と今の差を埋める作業だよね」と。

そこに執着心も焦りも必要ない。

差を埋める単純作業。

これを口にすると「本当にこんな夢叶うんだろうか!」とあわあわ焦る心が落ち着くのです。

 

かなった状態と今で何が違うのか。

何が足りないのか。

それを見出し、リストアップし、こなす。

過程が全て自分の思惑通りにならずとも、目標に向けた行動を起こすことで

その夢につながる思いがけない手立てがやってくることもある。

 

わたしは心理学で立証されている

「人は元気だから何かができるのではなく、何かをするから元気になる」

という理論がとても好きです。

夢を叶えたいんだけど行動できない、どうすればいいかわからない。

でも、夢に向かった行動を1つはじめると、力がみなぎってくる。

そんな人たちの原動力とか有益な情報になればな、と思ってこの場を設けました。

 

そして私もまた、アナウンサーとしてやりたいことはまだまだ山ほどあります。

自分のやる気スイッチにもなるので一石二鳥やん!という、そんな流れです。

どうぞよろしくお願いいたします。